今の時代に生きながら、心にとめたことをまとめてる。
ウォーターサーバーは健在?

毎年、暖かくなってくると、ウォーターサーバーが売れるそうだ。

有名どころとしては、コスモウォーター、フレシャス・ウォーターサーバー、クリクラとかがある。

自分の記憶では福島原発事故の後は非常に売れていた印象がある。

放射能汚染のない安全な水を求めて、という動機だった。

ブームはとうに去ったと思うのだが、今も事業が続いているということは、根強い需要があるのだろう。

自分もフレシャスは使ったことがあり、山の湧き水のようなのど越しが印象的だった。

水中の残留酸素濃度が高いのがおいしさの秘密だ、とメーカー側がアピールしていた記憶がある。

日本のウォーターサーバーの水はみな軟水なので、ミネラルでは差は出ないはず。

何が違うのかな、と思ってたら酸素だったのだ。

そういえば、その頃は水に凝っていて、海外の硬水ミネラルウォーターもいろいろ試したことを思い出した。

ゲロルシュタイナーは硬度が1302もある超硬水だが、悪くはなかった。硬度1468のコントレックスも。

しかし、ポピュラーなペリエはどうにも口に合わなかった。

やはり、日本人は軟水の方が好きなのかもしれない。

いずれにせよ、ウォーターサーバーを含めて、水を買うという文化はすっかり根付いたな、と改めて思う。

昭和時代には考えられなかったことだ。

結婚身元調査

先日、友人たちと結婚身元調査の是非について議論になった。

「二人だけの問題ではないのだから、調べるのは当たり前。」

「やましいことがなければ、調べられても困ることはないはず。」

そんな意見がある一方、強く非難する意見もあった。

差別につながる、こそこそ人の事を調べること自体が卑怯で誠意に欠ける、など。

議論はエスカレートしてほとんど感情的なものになり、私は仲裁に回る羽目になった。

で、私自身の意見としてはどうなのかと言うと、時と場合によりけりだ。

特に問題もなさそうなのに、あえてそんな調査であら捜しをすることもない。

バレたら破談になりかねないのに、そんな危険を冒すに値しない。

しかし、どうしても引っかかる点がある場合も放っておいていいのか?

例えば結婚詐欺の疑いがある場合とか、相手の親がモンスターペアレントである疑いがある時。

そのまま結婚に進ませたら、当人も家族も親戚一同も大変な目に遭いかねない。

離婚、家庭内暴力、シングルマザー化、借金、親族の不和・・・

そんなものが見え隠れしている時も身元や素行を調査してはいけないのか?

そういう時は、ぜひ調べるべきではないのか?

結婚調査が得意な探偵社もある。

結婚相手当人の生活状況も親兄弟の評判もバレることなく調べられるとのことだ。

というわけで、私は自分なりの結論を持っている。

何か危ないと感じたら、自分なら徹底的に調べる、と。

ユーグレナが世界を救う

ミドリムシが最近何かと話題になるが、これがすごい生き物のようだ。

葉緑素を持っていて植物のように光合成するのに、鞭毛があって動物のように自分の意思で移動もできる。

そんな植物と動物の中間的なおもしろい微生物ということは子供の頃から知っていた。

しかし、人間の未来にとって重大な意味を持つ、本当にすごい奴らしいのだ。

1.肉・野菜・魚の栄養を併せ持つ

肉のアミノ酸、野菜のビタミン、魚の不飽和脂肪酸(DHAなど)など59種類もの栄養がある。

つまり、ミドリムシさえ食べていれば健康に生きていけることになる。

2.ジェット燃料も取れる

含まれる油分が良質で、ジェット機の燃料が作れるというのは本当に驚いた。

話の話ではなくて、JX日鉱日石エネルギーが(株)ユーグレナと資本提携して研究を進めている。

食料、燃料、そして飼料や肥料にもなるというのだから、ミドリムシだけで人は暮らしていけることになってしまう。

3.水、二酸化炭素、太陽光だけで増殖できる

砂漠や宇宙でもタンクさえ用意すれば作れることになる。

地球温暖化防止にも使えるし、宇宙船のような狭い閉鎖系で人間の出す二酸化炭素を再利用してくれる。

 

こんなすごいミドリムシの商業ベース養殖に世界で初めて成功したのは、日本のベンチャーである(株)ユーグレナ。

東京オリンピックのころまでに最も成長する可能性が高い会社のひとつに選ばれている。

とにかく、ユーグレナの今後の展開に目が離せない。

もっと詳しい話を知りたい人は下記のサイトを参照!

ユーグレナの可能性とおすすめサプリメント

四国松山のおすすめ探偵

12月に四国の松山市にまた用事ができたので、この街のことを少し調べてみた。

小さい田舎町と馬鹿にしていたのだが、実際はなかなかに大きい街だった。

人口でいうと、中四国では広島・岡山に次いで3位、全国でも26位。

51万人いるらしい。

観光名所というと、松山城、道後温泉本館、とべ動物園、坊ちゃんからくり時計、石手寺などが人気らしい。

少し足を延ばせば、石鎚山や四国カルストもある。

前回は仕事だけだったが、今回はそういうところも回ってみようか。

夜は道後温泉街の飲み屋で友人と会う予定だ。

女房の浮気のことで相談があるとか。

探偵を頼みたいが、何をしてくれるのか、いくらくらいかかるのか、おすすめはどこか、など。

色々なことを調べてブログを書いている物知りなお前なら、自分でするよりいい判断をしてくれるんじゃないか、と期待しているんだそうだ。

何をしてくれるのか、いくらくらいかかるのか、くらいまでならともかく、おすすめはどこか、は地元の自分が探したらどうなのかと思うのだが。

探偵業界のことは多少知っているので、ざっと調べてはみた。

この地の探偵・興信所について一通り調べてみたが、ローカル社メインでたいしたことはなさそうな感触だ。

さいわい、四国で唯一、原一探偵事務所の支社がある。

松山市の調査力が高くて信頼できる興信所・探偵社

上記のサイトを教えてやると大変喜んでいたが、会ってより詳しい話を聞きたいという。

まったく手間のかかる友人ではある。

しかし、お金は持っていて、何かともてなしてはくれる。

関わっていけば、新しいブログネタに遭遇できる可能性もあるので、おいしいものをごちそうになりながら、付き合ってみようと思っている。

浮気はバレている

男性は気づいていないかもしれないが、浮気すると態度に出るものだ。
感のいい女性は浮気にすぐ気づく。
浮気している男性は、携帯をトイレやお風呂まで持って行ったり、ファッションの好みが変わったり、罪悪感からか急に優しくなったりする。
浮気の証拠をつかむために、携帯の履歴を確認しようと思っても、常に持ち歩いているため確認することができないという人も多いのではないだろうか。
自分で浮気の証拠をつかもうと思っても限界がある。

そんなときはプロにお願いするのが一番だ。
探偵であれば、尾行して証拠の写真を撮ってくれる。
写真さえあれば、言い逃れはできないだろう。

ただ、注意してほしいことがある。
それは悪徳な探偵事務所も存在するということだ。
きちんと公安委員会に届け出をしている探偵事務所を選ぶことが重要だ。
届け出がされていれば事務所の見えるところに置いてあるはずなので確認するといいだろう。
また、料金の説明が明確でないところは信用出来ない。

どの探偵事務所を選べばいいのかわからないのであれば下記のサイトを参考にしてほしい。
おすすめの探偵事務所

注目のビタミン

今、一番話題になっているビタミンといえば葉酸だろう。

ビタミンB群の一種で、かつてはビタミンB9とかビタミンMとも呼ばれたが、今は葉酸の方がポピュラーだ。

最初のきっかけは、厚生労働省が妊婦に摂取強化を推奨しだしたことだった。
ある種の先天異常を防ぐのにかなりの効果があるらしい。
詳しいことは下記のサイトで。

葉酸の二分脊椎発症防止効果とイチオシの葉酸サプリ

ところがこの葉酸、最近は中高年の動脈予防効果でも注目されているらしい。
動脈硬化を引き起こすホモシステイン高値症を抑えるのだそうだ。

しかし、元はと言えば、貧血の研究で発見されたビタミン。
造血に欠かせない栄養素といえば鉄分だが、葉酸とビタミンB12の両方もそろわないと血はできないそうだ。

そして実はDNAの正常な複製に不可欠だという。

葉酸なんてあまり聞きなれないが、なかなか多才で重要なビタミンである。

もう一つ、最近よく聞くビタミンがビオチン。

こちらはまつ毛とか、爪とかを元気に伸ばすのに重要らしい。

普通は腸内細菌が合成するので欠乏症になることは珍しいため、厚労省の栄養基準のビタミンのリストに加えられたのは最近だという。

おっと、ここでは腸内細菌叢の話が出てきた。
人間の健康はいろいろなところでつながっている。
今の自分はとても健康だが、こんなことを勉強しておくのもきっとムダではないだろう。

Hello world!

Welcome to WordPress. This is your first post. Edit or delete it, then start blogging!

Previous Page