今の時代に生きながら、心にとめたことをまとめてる。
作業用BGM

パソコンで作業していることも多いので、作業用BGMは必須である。

お気に入りの音楽を集めてオリジナルアルバムを作ることもある。

好きな曲ばかりなのでテンションが上がり作業がはかどる。

ただし、歌詞が入っていると口ずさんでしまうことがある。

こうなってしまうと作業がはかどらない。

なのでピアノだけが入っている曲を聴いたりすることもある。

それからオルゴールバージョンとか。

ただこれらの曲にもデメリットはある。

歌詞が入っていないので聴いていたら眠くなってしまうのだ。

なにかいいBGMはないか探し続けた結果、ジャズが自分には合っていた。

テンションが上がりすぎるわけでもなく、眠くなるわけでもない。

ちょうどいい音楽だ。

ジャズのことをもっと詳しく知りたくて、ジャズマニアの友人に聞いてみた。

そしたら最後に紹介するサイトを教えてもらった。

さすがジャズマニアかなり詳しくいろいろ知っている。

話を聞くだけも面白い。

ジャズ・フュージョンおすすめのインディーズレーベル

父の日のプレゼント

父の日に贈り物をすることはなかった。

恥ずかしくて素直に感謝の気持ちを伝えることができなかったのだ。

しかし、もういい大人。

きちんと父の日に贈り物をしようと考えた。

父の趣味は釣りだ。

釣り用品にしようと思ったが、ある程度のものは持っている。

釣り歴30年の父は、お小遣いをほぼ釣り用品に使ってきた。

持っていないものはないだろうというくらい揃っている。

保管場所に困るほどなので、これ以上プレゼントしたら母が怒るだろう。

なので釣り用品は却下した。

次に思いついたのが、ジャズのCDだ。

いまはCDの売り上げも下がってきている。

しかし父はCDを買い続けている。

ジャズのCDなら持っていないものを上げたら喜ぶだろう。

しかし、どれを持っていないか探すのは大変だ。

母に協力してもらい、父が持っているCDの写真を撮ってもらった。

そしてプレゼントした。

父から喜びの電話がかかってきた。

その声を聞いてプレゼントしてよかったと思っている。

ジャズ初心者ガイド

交通事故のことで悩んでいる友人

交通事故の治療費打ち切りって突然連絡が来るんですね。

停止していたところに、後ろからぶつかってきて事故に巻き込まれた親友。

親友は停止していたので100%相手の過失です。

親友は翌日から整形外科に通っていました。

そして交通事故から一ヶ月ほど経った昨日、保険会社のほうから売り切りの連絡がきたそうです。

友人はまだ痛みがあるので、あと2ヶ月ほど通いたいと伝えたそうです。

しかし保険会社のほうからは、痛みを立証できるものを提出しないと無理と言われたそうです。

交通事故に巻き込まれて、しかも保険会社からはこのような対応をされ本当に最悪だと言っていました。

たしかにそうですよね。

なぜ被害者のほうが損しなければならないのか。

保険会社は治療費を払いたくなくて必死ですからね。

痛みが立証できれば検討してくれるということなので、明日病院で相談してみるそうです。

今日は友人のことを励ますために、居酒屋で飲んでいました。

いつもより元気がなかったので心配です。

交通事故保険金の費目は多彩

交通事故の保険金を慰謝料というと思っている人が多い。

そうではない。

慰謝料は保険金の一部にすぎず、ほかにも治療費、休業損害、逸失利益など多くの費目がある。

しかも慰謝料一つに限っても3種類もある。

慰謝料というのは精神的な苦痛に対するお詫びと宥めのお金だ。

治療や通院の苦痛に対する慰謝料が傷害慰謝料。

後遺障害を背負って残りの人生を生きていくことに対する慰謝料が後遺障害慰謝料。

死亡した場合に遺族の悲しみに対するものが死亡慰謝料。

受取パターンは次の3つ。

        

  1. 傷害慰謝料のみ
  2. 傷害慰謝料+後遺障害慰謝料
  3. 傷害慰謝料+死亡慰謝料

事故に遭った当初は加害者側の保険会社が治療費を出してくれたりする。

それが3カ月もすると急に打ち切ってきたりする。

でも、心配は無用。

これは内払いにすぎず、打ち切られたからといって、それで治療費が終わりというわけではない。

治療費の本請求は症状固定後に損害額が確定してから行うのだ。

以上のように2つほどのトピックを拾っただけでもこの複雑さだ。

実際に交通事故に遭って心身ともにダメージを受けている時に勉強できるものではない。

元気なうちに下記のサイトなどを参考に、概要だけでも勉強しておいた方がいいのではないだろうか。

自動車事故保険金の明細

交通事故保険金は弁護士で変わる

交通事故に遭った時の保険金は、弁護士が交渉すると大幅に増える場合が多いのを知っているだろうか?

車に乗る人なら誰でも、自動車保険は自賠責保険と任意保険から成り立っていることは知っている。

しかし、2つの保険の役割や両者の関係をきちんと説明できない人が多いと思う。

任意保険の会社はこの無知を利用して、自社の保険金支払いを節約している。

まず、自賠責は窓口業務は民間に委託されているが、国の制度だ。

その役割は事故に遭った人に極力どんな場合でも最低限の保険金は出すこと。

しかし、損害賠償請求はその額では足らないことが多い。

両者の差額を補てんするのが任意保険の役割だ。

しかし、専門家の助力なしで被害者自身が妥当な損害賠償請求額を決めることは難しい。

そこで支払い手である任意保険の会社が損害賠償額を提示するのが慣習になっている。

当然、自社の支払いを抑えるため、それは不当に低い金額を提示する。

何も知らない被害者は「そんなものかな」と思い、人がいい人は感謝までする。

しかし、弁護士が間に入れば、過去の判例に基づく、妥当でもっと高い金額を請求できる。

これが、弁護士が間に入ると保険金が増えるからくりだ。

詳しいことは下記サイトに出ている。

交通事故被害が得意な弁護士

借金地獄からの脱出方法

長い人生には借金で苦しむこともある。

そういう時の処方箋を知っておくことは決して無駄ではないだろう。

まず、一番してはいけないことは闇金に借りることだ。

大きく融資するような広告を出していても、実際に融資するのは数万円で役に立たないだけでなく、短期間で借り手が破滅するような暴利をむさぼる。

いくら目の前の金が欲しくても、手をだしてはいけない。

ヤミ金融はナシという前提で、借金地獄からの脱出の基本は、まず経費削減だ。

家賃の安いところに引っ越すとか、趣味は一時棚上げにするとか、外食をやめて自炊にするとか。

毎日、コンビニで習慣的に買う缶コーヒーやミネラルウォーターをやめるだけでもかなり節約になる。

副業など収入を増やす方向が考えられるならそれもいい。

ただ、無理をしすぎてストレスや疲労をためると、ダウンして収入が減ったり、ストレスの反動でお金を使ってしまったりするから注意が必要だ。

こうやって返済原資の余裕を作る。

少なくとも毎月お金が足りなくて借り入れが増えていく状態から脱出することだ。

それでもやはり返済していけないなら、弁護士に相談しよう。

債務整理をすれば、借金の一部または全部が免除されて、まっとうな再出発ができる。

債務整理にはデメリットもあるが、自殺したり、ついに闇金の手に落ちていくよりはよほどマシだ。

ウォーターサーバーは健在?

毎年、暖かくなってくると、ウォーターサーバーが売れるそうだ。

有名どころとしては、コスモウォーター、フレシャス・ウォーターサーバー、クリクラとかがある。

自分の記憶では福島原発事故の後は非常に売れていた印象がある。

放射能汚染のない安全な水を求めて、という動機だった。

ブームはとうに去ったと思うのだが、今も事業が続いているということは、根強い需要があるのだろう。

自分もフレシャスは使ったことがあり、山の湧き水のようなのど越しが印象的だった。

水中の残留酸素濃度が高いのがおいしさの秘密だ、とメーカー側がアピールしていた記憶がある。

日本のウォーターサーバーの水はみな軟水なので、ミネラルでは差は出ないはず。

何が違うのかな、と思ってたら酸素だったのだ。

そういえば、その頃は水に凝っていて、海外の硬水ミネラルウォーターもいろいろ試したことを思い出した。

ゲロルシュタイナーは硬度が1302もある超硬水だが、悪くはなかった。硬度1468のコントレックスも。

しかし、ポピュラーなペリエはどうにも口に合わなかった。

やはり、日本人は軟水の方が好きなのかもしれない。

いずれにせよ、ウォーターサーバーを含めて、水を買うという文化はすっかり根付いたな、と改めて思う。

昭和時代には考えられなかったことだ。

結婚身元調査

先日、友人たちと結婚身元調査の是非について議論になった。

「二人だけの問題ではないのだから、調べるのは当たり前。」

「やましいことがなければ、調べられても困ることはないはず。」

そんな意見がある一方、強く非難する意見もあった。

差別につながる、こそこそ人の事を調べること自体が卑怯で誠意に欠ける、など。

議論はエスカレートしてほとんど感情的なものになり、私は仲裁に回る羽目になった。

で、私自身の意見としてはどうなのかと言うと、時と場合によりけりだ。

特に問題もなさそうなのに、あえてそんな調査であら捜しをすることもない。

バレたら破談になりかねないのに、そんな危険を冒すに値しない。

しかし、どうしても引っかかる点がある場合も放っておいていいのか?

例えば結婚詐欺の疑いがある場合とか、相手の親がモンスターペアレントである疑いがある時。

そのまま結婚に進ませたら、当人も家族も親戚一同も大変な目に遭いかねない。

離婚、家庭内暴力、シングルマザー化、借金、親族の不和・・・

そんなものが見え隠れしている時も身元や素行を調査してはいけないのか?

そういう時は、ぜひ調べるべきではないのか?

結婚調査が得意な探偵社もある。

結婚相手当人の生活状況も親兄弟の評判もバレることなく調べられるとのことだ。

というわけで、私は自分なりの結論を持っている。

何か危ないと感じたら、自分なら徹底的に調べる、と。

ユーグレナが世界を救う

ミドリムシが最近何かと話題になるが、これがすごい生き物のようだ。

葉緑素を持っていて植物のように光合成するのに、鞭毛があって動物のように自分の意思で移動もできる。

そんな植物と動物の中間的なおもしろい微生物ということは子供の頃から知っていた。

しかし、人間の未来にとって重大な意味を持つ、本当にすごい奴らしいのだ。

1.肉・野菜・魚の栄養を併せ持つ

肉のアミノ酸、野菜のビタミン、魚の不飽和脂肪酸(DHAなど)など59種類もの栄養がある。

つまり、ミドリムシさえ食べていれば健康に生きていけることになる。

2.ジェット燃料も取れる

含まれる油分が良質で、ジェット機の燃料が作れるというのは本当に驚いた。

話の話ではなくて、JX日鉱日石エネルギーが(株)ユーグレナと資本提携して研究を進めている。

食料、燃料、そして飼料や肥料にもなるというのだから、ミドリムシだけで人は暮らしていけることになってしまう。

3.水、二酸化炭素、太陽光だけで増殖できる

砂漠や宇宙でもタンクさえ用意すれば作れることになる。

地球温暖化防止にも使えるし、宇宙船のような狭い閉鎖系で人間の出す二酸化炭素を再利用してくれる。

 

こんなすごいミドリムシの商業ベース養殖に世界で初めて成功したのは、日本のベンチャーである(株)ユーグレナ。

東京オリンピックのころまでに最も成長する可能性が高い会社のひとつに選ばれている。

とにかく、ユーグレナの今後の展開に目が離せない。

もっと詳しい話を知りたい人は下記のサイトを参照!

ユーグレナの可能性とおすすめサプリメント

四国松山のおすすめ探偵

12月に四国の松山市にまた用事ができたので、この街のことを少し調べてみた。

小さい田舎町と馬鹿にしていたのだが、実際はなかなかに大きい街だった。

人口でいうと、中四国では広島・岡山に次いで3位、全国でも26位。

51万人いるらしい。

観光名所というと、松山城、道後温泉本館、とべ動物園、坊ちゃんからくり時計、石手寺などが人気らしい。

少し足を延ばせば、石鎚山や四国カルストもある。

前回は仕事だけだったが、今回はそういうところも回ってみようか。

夜は道後温泉街の飲み屋で友人と会う予定だ。

女房の浮気のことで相談があるとか。

探偵を頼みたいが、何をしてくれるのか、いくらくらいかかるのか、おすすめはどこか、など。

色々なことを調べてブログを書いている物知りなお前なら、自分でするよりいい判断をしてくれるんじゃないか、と期待しているんだそうだ。

何をしてくれるのか、いくらくらいかかるのか、くらいまでならともかく、おすすめはどこか、は地元の自分が探したらどうなのかと思うのだが。

探偵業界のことは多少知っているので、ざっと調べてはみた。

この地の探偵・興信所について一通り調べてみたが、ローカル社メインでたいしたことはなさそうな感触だ。

さいわい、四国で唯一、原一探偵事務所の支社がある。

松山市の調査力が高くて信頼できる興信所・探偵社

上記のサイトを教えてやると大変喜んでいたが、会ってより詳しい話を聞きたいという。

まったく手間のかかる友人ではある。

しかし、お金は持っていて、何かともてなしてはくれる。

関わっていけば、新しいブログネタに遭遇できる可能性もあるので、おいしいものをごちそうになりながら、付き合ってみようと思っている。

Next Page